エンターテイメント
2019.12.31

10代で五輪で金を狙うBMXの中井飛馬選手に注目!

スピーディーでスリリングなBMXレースは、格闘技に例えられるほど激しいスポーツ。今回はBMX レースで金メダルに最も近いといわれる19歳の中井飛馬選手にインタビューしてきたよ!

BMXってどんなスポーツ?

ゲートから最大8人がいっせいに坂を駆け降り、大きく起伏したコースのゴールを目指す「BMXレース」は、着順で順位が決まる。「BMXフリースタイル」はトリック(技)を行い点数で競う。中井選手は"レース"で活躍。

五輪での金を狙うBMXレース界の若きエース!

なかいあすま●'00年6月24日生まれ、新潟県出身。全日本チャンピオン、アジアジュニア王者、ジュニア世界ランキング1位といった輝かしい成績を持つBMXレース界の注目人物。JCFユース強化育成選手でもある。

先頭を見るのではなく中盤で駆け引きする選手を見るとスリリングでおもしろいですよ

「実家の近くにコースがあったことと、父の友人のすすめもあって、5歳のときBMXレースを始めました。やんちゃで活発な子どもだったので、スピード感と浮遊感のトリコになってすぐにハマりました(笑)。この競技、なじみのない人も多いと思うので簡単に説明すると、最大8人でスタートして、1周が300mから400mくらいあるコースをまわって、誰がいちばん早くゴールするかってことを競う競技。オリンピックのコースだと、開始から2秒で駆け降りるつくりになっていて、その瞬間に60km/hくらいまでスピードが上がるんです。障害物をジャンプやウィリー(前輪を浮かせた状態での走行)で越えたりもするので、衝突はしょっちゅうだし、ケガをすることもあります。」

怖くないの?

「怖さを感じるのは……新しいジャンプに挑戦するとき。でもそれ以上にやってみたいって気持ちのほうが強いんです。だって成功したときの達成感を知っているから(笑)。BMXレースは選手同士の駆け引きもおもしろいので、ぜひ先頭の選手ではなく中盤の人たちに注目してください。僕も中盤から抜いていくのが得意なので(笑)。」

STは中井選手を全力を応援するよ!

撮影/岡部東京 構成/菊池美里 (Seventeen1月号)

Seventeenの最新コンテンツを更新中!