ライフスタイル
2019.03.27

『さよならミニスカート』とジェンダー②

性差別を取り上げるなど、少女マンガらしからぬ社会派ストーリーで話題となっている『さよならミニスカート』。作品を読んだST㋲3人が、ジェンダーについて真剣に議論したよ。

痴漢されるのは女側にも問題あり!?

女性専用車両についてインタビューを受けた未玖。「女性ばかり優遇されて、男性がかわいそう」という回答が、男子から絶賛される。痴漢被害に悩む地味な外見の女子が、未玖の発言のせいで女性専用車両が使いにくくなった!と反論。しかし男子からは失笑される。

STモ3人はこう考える!

りおん このシーン、あるある。痴漢されたってコが陰で「自慢だよね」って悪口言われてるの、何度も見たことがある。
まる ひどい! 舞留も昔から、しょっちゅう痴漢に遭ってて。撃退法を覚えるまでは、女性専用車両に乗ってた。そのためにあるんだもん、悩んでるコは迷わず乗るべきだと思う! 
かれん 私は未玖ちゃんと同じように、女性ばかり優遇されてて変だよなーって思ってた。でもこの本を読んで改めて考えたら、そもそも痴漢が減らないことが原因じゃん!って。
りおん 階段でパンツ見られた!って男子を責めることはどう思う?  
かれん 逆の立場で考えた時に「いやいや、見えちゃっただけだし!」って反論したくなる気持ちもわかるんだよなあ。
まる そもそもスカートが校則ってどうなんだろ。
かれん 私の学校は、スラックスも選べたよ! 着てるコは一割未満くらいだったけど。
りおん でも男子はスカートを選べないよね?  
かれん それも変だよね。ジェンダーって難しい!

親しい人ほどNOが言えない

仁那の素性に気づいたクラスメイトの堀内光。「PURE CLUB」ファンの妹が教師からセクハラを受け、不登校であることを打ち明ける。

STモ3人はこう考える!

りおん セクハラの話題から、ずっと考えてたんだけど……もし莉音が何かされても、指摘できないかもなって。
まる えっ、意外! 
りおん 仕事関係の人とか、仲のいい人だったら、なおさら。会った時に絶対気まずいもん。
かれん 身近な人へのセクハラほどタチが悪いことってない!! 経験はないケド、言えない気持ち、すごくわかる。
まる 舞留は被害者が自分か他人かで、違うな。自分のことはガマンしちゃうのに、友達のためなら強く言える。
かれん 私も! 客観的に見てるから、冷静に対応できるんだよね。自分だと「勘違いだったらどうしよう」「自意識過剰って笑われるかも」って不安になる。
りおん これって、男子も似たような悩みがありそうじゃない?
まる どういうこと?
りおん 体育の時に女子は教室で着替えるのに男子は廊下、とか。
かれん 裸を見られるのが嫌な男子がいても、おかしくないよね。
まる 舞留もずっと思ってた! 男子の筋肉を気軽にさわる女子の行動も、どうなのかな〜って。だって男子が女子に同じことをしたら、絶対アウトだもん。
りおん 莉音はリビングを裸で歩いてたら怒られた。パパもしてるのに!
まる それは……(汗)。

『さよなら ミニスカート』

『りぼん』で連載中の注目作。主人公は元アイドルという素性を隠し、スラックスで通学する神山仁那。暴行のトラウマや、痴漢、セクハラ発言、男女の制服など、ジェンダーにまつわる問題を取り上げたストーリーが話題に。

著・牧野あおい(りぼんマスコットコミックス・¥440)

撮影/細谷悠美 モデル/大友花恋、木内舞留、岡本莉音(STモデル) 構成/中西彩乃 協力/集英社『りぼん』編集部 (Seventeen4月号)

Seventeenの最新コンテンツを更新中!