ライフスタイル
2018.08.12

莉音と考える夏休みのSNS友活

今や、SNSは友活に欠かせないツールだけど、使い方によってはトラブルだったり、悩みのモトになることも。学校がお休みだから毎日会えなくなっちゃう夏休み中に、友だちとのキズナをもっと深めるためのSNSの使い方について莉音と考えてみたよ。

LINEで会いたいアピール

「友達と仲よくなりたいっていう愛情表現はこまめに出したほうがいいと思う! でもあんまりアピールが強いと相手も困るから、最初は『会いたーい』くらいに。みんながのってくれたら、じょじょに具体的な話にしていこう」

友だちのSNSで自分が誘われていない集まりを発見したら…

「これ、"あるある"なショックなヤツだ! 明らかにきらわれてて誘われなかったなら、なにもしちゃダメ。でもたまたまかもしれない場合は、"いいね"だけ押して、様子を見よう」

既読がつかないときはそのコのSNSもチェックする

「急に既読がずっとつかなくなると、すごく心配になるよね。莉音は、不安なときはそのコのSNSを確認しちゃうな。アップ状況のほかに、"いいね"を押した時間とかをチェックするの。そこで何も動きがなければ、本当に忙しいんだなって安心できるし♡」

ネガティブな内容はSNSに書かない

「悪口とかやみツイはもちろんだけど、友達のことを別のコに相談するときも、LINEはやめたほうがいい。スクショされて相手に見せられちゃうかもしれないから。相談は電話か直接!」

SNSのトークでピン留めしていることを伝える♡

「実際にピン留めしてることを友達に言うと、みんなよろこんでくれたんだ。それだけ大事に思ってるとか、優先してるってことを伝えるのも、莉音流の愛情表現だよ♪」

撮影/斎藤大嗣 スタイリスト/北川沙耶香 ヘア&メイク/松岡奈央子 モデル/岡本莉音、杉本愛里、田鍋梨々花(STモデル) 構成/上野涼子 (Seventeen9月号)

Seventeenの最新コンテンツを更新中!