ダイエット
2017.11.12

DIETの2大お悩みをポジティブ変換しちゃおう♪

ダイエット中って、ストレスもたまるし、ついザセツしちゃうコも多いよね!? そのザセツの原因になるTop2のお悩みって、実は考え方しだいでダイエットにプラスにもできるんだって! そんなポジティブ変換の考え方を、パーソナルトレーナーの田中先生にレクチャーしてもらったよ。

【お悩み1】ガマンできなくて甘いものを食べちゃった

≪ポジティブ変換≫
①「今までのストレス解消になったから、またがんばれる!」
ストレスのためすぎはよくないからね。たまには発散するのもダイエットをつづけるためには必要かな! 罪悪感を持ったり、このまま暴飲暴食に走っちゃったりしないで、明るくとらえることはとても大切だよ!(田中先生) 

②「糖分をたっぷりとれたから、この後のダイエットのエネルギーになるはず!」
ダイエットで食事制限をして体がエネルギー不足になっちゃうと、脂肪を燃やすためのエネルギーも生まれないよ。うっかりドカ食いしちゃったら、ヤケにならずに、むしろダイエットに必要なエネルギーを補充できたって考えよう。(田中先生)

③「今までのダイエットの“ごほうび”♡ また“ごほうび”もらえるようにがんばろう♪」
1~2週間に1回くらい、好きなものをすきなだけ食べていいごほうびDayをつくるのは、モチベーションをキープするのにとてもいい方法だよ。だから甘いものが好きなコは、最初からごほうびDayを設定しておこう。そして、好きなものが甘いものなら、食事をとったあとで甘いものを食べると脂肪になりにくいので、そのタイミングがおすすめ!(田中先生)

【お悩み2】停滞期になって、がんばってもヤセない

≪ポジティブ変換≫
①「今までのダイエットが順調にきている証拠!」
その通り! 体重が落ちていくと、体の防衛本能が働いて、その体重・エネルギー量で生命を維持しようとがんばるんだ。だから、停滞期になったってことは、しっかり体重を落とせたってことだし、今まさに体はその体重になれようとしているから、その状態を維持できれば、そのやせた体重があなたのふつうの体重になるってことだよ。(田中先生)

②「これが停滞期かー。ここをのり越えたら、ガクッってまた体重が落ちるって知ってるよw」
まさにその通りなんだ。このダイエットのツンデレぶりを楽しむくらいの余裕をもって乗り切って欲しいな。早く乗り切るコツは、今までと違う運動メニューを加えてみたり、趣味などに熱中して気分を切りかえることだよ。(田中先生)

監修/田中良(パーソナルトレーナー)

Seventeenの最新コンテンツを更新中!