エンターテイメント
2022.11.15

注目ドラマ『君の花になる』の8LOOM(ブルーム)メンバー全員に直撃してきたよ♡ 【PART1】

TBS系火曜ドラマ『君の花になる』の中で、トップアーティストを目指して頑張っているボーイズグループ8LOOM。キラキラした話題のメンバー全員を直撃インタビュー! すでに8LOOMY(グループのファンの名称)の人も、ちょっと気になってる人も、メンバーの今の熱い思いを聞いちゃって! 

【PART1】は高橋文哉くん、宮世琉弥くん、綱啓永くん、八村倫太郎くんの4人!

【PART1】高橋文哉くん、宮世琉弥くん、綱啓永くん、八村倫太郎くんでGO!

●高橋文哉

佐神 弾(さがみ・だん)役→グループの音楽を作るセンターポジション。仲間想いだが、ツンが多めのツンデレ。通称:弾、メンバーカラー:赤 メン花:ガーベラ【常に前進】【限りなく挑戦】

 

――自分の役の好きなところとアピールポイントを教えて。

「僕自身、佐神弾のようなツンデレ役が今までのお芝居の経験の中にない要素でした。そういったところのお芝居の幅も見ていただけたらうれしいです」

――トップアーティストになるための筋トレ、歌トレ、ダンス…実際にやってみて大変だったのは?

「ダンスです。筋トレはトレーニングを重ねれば結果が出るし、歌は一つ掴むと感覚が掴めてすごく分かった気がする瞬間があるんですけど、ダンスに関しては、まずフリを覚えるのが大変で、ゴールも見えず、メンバーと一緒にやっていてもどんどん置いていかれちゃうような気がして…たくさん練習しても、自分が楽しんでいる瞬間がなかなか生まれないという意味でもダンスは大変でした」

――撮影の合間、8LOOMのメンバーと盛り上がることは?

「最近はみんなでトランプとかですかね! 8LOOMのマネージャー・添木ケンジ(そえぎ・けんじ)を演じている、宮野真守さんが考案して下さったゲームをやったり、トランプでやる“人狼ゲーム”のようなものや“スピード”をやってます」

――仲町あす花(なかまち・あすか)役の本田翼さんとの撮影で「すごいな」「素敵だな」と思ったことを教えて。

「すごく優しくて、初めてお会いした時、“人見知り”とおっしゃっていたんですけど、積極的に作品の話などをしてくださったり、僕に対しても敬語で話してくださったことが印象に残っています。今は距離も近づいて仲良くしていただいているんですが“大変でしょ?”など、僕たちのことを気にかけてくれるのは素敵だなと思います」

――この作品には心に刺さる言葉がたくさんありますが、「このセリフにグッときた」と思ったものを教えて。

「弾は“俺に全部任せろ”“俺について来い”ということをよく言うのですが、その言葉がかっこいいなと思います。グッとくるとはまた違うかもしれないですが、演じていても弾らしさが全面に出てるし、そういう風に言える大人になりたいなと僕も思います」

――8LOOMのメンバーは個性的ですが、個人的に好きなキャラクターを教えて。

「古町有起哉(ふるまち・ゆきや)です。ひたすら本当に良いやつで、ずっとみんなのことを考えてて“俺はなんでもいいから”みたいな感じで、いつもニコニコしてるし男気あふれるというよりは、優しさに包まれているので好きですね」

――ドラマを飛び出て、8LOOMのライブツアーなどの活動をしている感想とファンの人へのメッセージを。

「僕がステージの上で歌って踊るというのがまず初めてで、今後もいつあるか、最初で最後の機会かもしれないしこうして作品の一部としてお届けできるのはすごくありがたいと思っています。今しか見られない高橋文哉を見てもらえるように全力でこの作品とともに楽しんでいただけたらと思います」

――今、8LOOMのように叶えたい夢は?

「お芝居をしていく中でどんどん自分の要素を減らしていって役の要素を体に取り入れて、本当に、自分が0になったら良いなと思います。役としてその期間は存在できたらうれしいなと思います」

――Seventeen読者にメッセージを!

「8LOOMはメンバーが7人いるのでそれぞれのいいところや、みなさんの推しを見つけていただいて、推しの努力している姿や、苦しみながらも、あす花さんに背中を押されて成長する姿を楽しんでいただけたらうれしいです!」

 

 

 

高橋文哉(たかはし・ふみや)2001年3月12日生まれ。埼玉県出身。B型。 2019年『仮面ライダーゼロワン』にて、飛電或人 / 仮面ライダーゼロワン役で主演を務める。ドラマ『最愛』(2021)『ドクターホワイト』『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(2022)などに出演。2023年1月スタートのドラマ『女神の教室~リーガル青春白書』(フジテレビ系・月曜9時~)で、ロースクールの学生役で出演。

●宮世琉弥

成瀬大二郎(なるせ・だいじろう)役→最年少だが精神年齢が高くメンバーの仲を取り持つしっかり者。歌もダンスもこなすオールラウンダー。弾にとっては良き相談相手。

通称:なる、メンバーカラー:ピンク、メン花:チューリップ【誠実な愛】【思いやり】

 

――自分の役の好きなところとアピールポイントを教えて。

「メンバー想いで、何事にも8LOOMが1番だという意志を強く持っているところです! なるくんがこの先8LOOMに対してどんな思いになっていくのか! 楽しみにしていてほしいです!」

――トップアーティストになるための筋トレ、歌トレ、ダンス…実際にやってみて大変だったのは?

「歌とダンスです。パフォーマンスを観にきてくださるファンの方の気持ちを裏切らないように僕にできる全力で取り組んでいますが、上には上がいるので、そこを目指して日々頑張っています!」

 ――撮影の合間、8LOOMのメンバーと盛り上がることは?

「ダーツなどがセットにあるのでみんなで楽しんでいます!」

――仲町あす花役の本田翼さんとの撮影で「すごいな」「素敵だな」と思ったことを教えて。

「いつも明るくて、元気な本田さんが大好きです! 本田さんのお陰で現場が本当に明るくて、毎回笑いの絶えない撮影の毎日です!」

――この作品には心に刺さる言葉がたくさんありますが、「このセリフにグッときた」と思ったものを教えて。

「個人的に銭湯でのシーンで“まだあきらめるの早くない?”というセリフがグッと来ました。あす花さんのセリフなんですけど、8LOOMは少しネガティブなところがあるので、そういう言葉をかけていただくとグッときますね」

――8LOOMのメンバーは個性的ですが、個人的に好きなキャラクターを教えて。

「桧山竜星(ひやま・りゅうせい)です。リュウセイは、匂いで誰が来たのか分かったり、今後起きそうな出来事がわかってしまうキャラクターで、ドラマ内で非常に不思議なスパイスを出してくれていると思います」

――ドラマを飛び出て、8LOOMのライブツアーなどの活動をしている感想とファンの人へのメッセージを。

「ドラマから飛び出て、ここまで視聴者のみなさまの近くにいけるのはこのドラマしかないと思うんです。

そして期間限定だからこそ、今しかみなさんとこの気持ちを共有できないと思うので!お互いに11日を大事に過ごしていきたいです」

――今、8LOOMのように叶えたい夢は?  

「俳優としての力をもっとつけられるようにしたいです。自分の頭の中のキャパを増やしたいなと思います!いろいろな壁にぶつかればぶつかるほど自分に出来ることが増えると思うので頑張ります!」

 ――Seventeen読者にメッセージを!

「10代、20代の方が多いと思うんですけど、このドラマはまず『推し』を作るというのが今までのドラマにないポイントだと思います。自分の推しを見つけていただいて、ドラマをより楽しんでほしいなと思います」

★PROFILE 宮世琉弥(みやせ・りゅうび)2004年1月22日生まれ。ドラマ『恋する母たち』(2020)『青のSP―学校内警察・嶋田隆平―』『珈琲いかがでしょう』 『ナイト・ドクター』(2021)『もしも、イケメンだけの高校があったら』(2022)などに出演。現在、MBS/TBSドラマイズム闇金ウシジマくん外伝『闇金サイハラさん』に出演中。

●綱啓永

古町有起哉役(ふるまち・ゆきや)→感情表現がストレートで男気のあるグループ最年長。様々な苦労を乗り越え、やっとの思いでデビューを掴み取った努力家。通称:ゆきや、メンバーカラー:青、

メン花:ブルースター【幸福な愛】【信じ合う心】

 

――自分の役の好きなところとアピールポイントを教えて。

「好きなところは、とにかく仲間想いで、素直に気持ちをぶつけられるところですね。僕自身が大事にしているものと、持っていないものを兼ね備えていて好きです。

そして、弾とあすぴょん(あす花)の恋模様が気になるところですが、個人的には、有起哉と銭湯の娘、(池岡)奈緒(いけおか・なお)ちゃんとの関係にも注目していただけたらうれしいです」

――トップアーティストになるための筋トレ、歌トレ、ダンス…実際にやってみて大変だったのは?

「ダンスです。やはり初挑戦ということもあり、かなり苦戦しました。しかし、努力する分成長出来ている実感があり、大変でキツイ時もありましたが、今ではダンスが大好きになりました」

――撮影の合間、8LOOMのメンバーと盛り上がることは?

「“ジンクス”というゲーム。発言がかぶった時に“ジンクス”と先に言ったほうが勝ちで、負けた方はしゃべれないというゲームです。(笑)(竜星役の(森)愁斗といつもやってます」

――仲町あす花役の本田翼さんとの撮影で「すごいな」「素敵だな」と思ったことを教えて。

「気さくに話しかけてくださるところですね。最初の頃は翼さんを目の前にすると緊張してしまう僕たちでしたが、気づいたら緊張しない距離感で接してくださっていて、ていつの間にか僕らの緊張もほどけていたので、それは翼さんの大きな魅力だなと思います」

――この作品には心に刺さる言葉がたくさんありますが、「このセリフにグッときた」と思ったものを教えて。

「 “彼らはチェイニーじゃありません! 8LOOMです!”という3話のあすぴょんのセリフです。演じながら、この言葉がすごく刺さった記憶があります。

良いものだけを見ようとせず、僕たち自身と向き合ってくれようとしているあすぴょんにグッときました」

――8LOOMのメンバーは個性的ですが、個人的に好きなキャラクターを教えて。

「添木ケンジさん。役柄もそうですが、演じている宮野真守さんのお芝居を掛け合わせた時の化学反応がすごすぎて、ケンジさんが居るシーンでは毎回パワーもらいますし、とにかくおもしろいです。アドリブも多いんですが、それも全部クスッとなれるようなアドリブを入れるのですごいなと思います」

――ドラマを飛び出て、8LOOMのライブツアーなどの活動をしている感想とファンの人へのメッセージを。

「ふだんは役者をやっているので、ライブツアーなんて夢のまた夢でした。役を通して自分の夢を叶えられたのはみなさまの応援があるからです。ありがとうございます。

お互いに元気と笑顔とパワーを与え合えている素敵な関係だと思うので、これからも応援よろしくお願します。みなさまに会える機会を楽しみにして、最高のパフォーマンスを披露したいと思います」

――今、8LOOMのように叶えたい夢は?

「現在、中型免許を取得しようとしている最中なのですが、いつか大型バイクの免許も取得して、かっちょいいバイクに乗るのが直近の夢です。」

――Seventeen読者にメッセージを!

「毎話、8LOOMの人気、メンバー内やあすぴょんとの関係性が少しずつ変化していきます。メンバーそれぞれのキャラクターが見えてきた8LOOMですが、ここから最終話に向けてそれぞれがどのような努力をして、苦悩に立ち向かっていくのか、注目していただきたいです。ぜひ、最終話まで見てください。後悔はさせません!」

 

★PROFILE 綱 啓永(つな・けいと)1998年12月24日生まれ。千葉県出身。O型 2017年、第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにてグランプリに選ばれる。 ドラマ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(2019)舞台『タンブリング』ドラマ『顔だけ先生』『この初恋はフィクションです』(2021)ドラマ『-50㎏のシンデレラ』(2022)などに出演。

●八村倫太郎

一之瀬栄治(いちのせ・えいじ)役→現役大学生のしっかり者。メンバーからも頼りにされ、歌・ダンス・MCまでそつなくこなすことができる。ちょっとネガティブ思考で年下メンバーにケアされることも。通称:エイジ、メンバーカラー:白、メン花:マーガレット【真実の愛】【信頼】【真実の友情】

 

――トップアーティストになるための筋トレ、歌トレ、ダンス…実際にやってみて大変だったのは?

「筋トレですね。ダンスレッスンが始まる前に、先生に筋トレを課せられていたのですが、それがキツかった~(笑)。でも、メンバーと一緒に乗り越えました」

――撮影の合間、8LOOMのメンバーと盛り上がることは?

「ゲームや雑談、読み合わせなど、ひまがあればしゃべっています。本当に仲がいいですね(笑)」

――仲町あす花役の本田翼さんとの撮影で「すごいな」「素敵だな」と思ったことを教えて。

「とてもフランクで気さくで、ノリがよくて、話しやすい空気を作ってくれます。本当に人として尊敬しています」

――この作品の中で「グッときた」、印象深かったシーンを教えて。

2話のラスト。屋上のシーンは印象に残ってます。“8LOOMが初めて一つになった”と思える、それぞれが自分の想いを語り、仲が深まるきっかけになったシーンで、個々から進化していく8LOOMを思うとグッときます」

――8LOOMのメンバーは個性的ですが、個人的に好きなキャラクターを教えて。

「宮野真守さん演じる添木ケンジです。いちいちキレが良すぎなんです(笑)」

――ドラマを飛び出て、8LOOMのライブツアーなどの活動をしている感想とファンの人へのメッセージを。

「ドラマとリアルが入り混じる不思議な感覚を楽しんでほしいです。期間が決まっている儚さもあるので、一緒に駆けぬけましょう!!」

――今、8LOOMのように叶えたい夢は?

「自分が所属するWATWINGが一月頭にZeppライブをやります。大成功させたいので、みなさん、来てください!」

――Seventeen読者にメッセージを!

「僕の演じる栄治はとてもネガティブです(笑)。ただ、そんな栄治が前向きに頑張る時が来ます。そこを絶対に見逃さないでくださいね!!」

 

★PROFILE 八村倫太郎(はちむら・りんたろう)1999年7月28日生まれ。神奈川県出身。 ダンスボーカルユニット「WATWING」のメンバー。 FM yokohama「E★K radio ~Only One Life~」レギュラー出演中。映画『サバカン』(2022)など俳優業にも挑戦している。

続く【PART2】のメンバーは森愁斗くん、NOAくん、山下幸輝くん!

さて、続く【PART2】ではどんな話聞けるかな。絶対読んでね♡

 

火曜ドラマ『君の花になる』

TBS系・毎週火曜日夜10:00~10:57

 

©TBS

構成/落合佑桂里

Seventeenの最新コンテンツを更新中!