ファッション
2021.01.10

知りたーい! ファッションライターってどんな仕事?

Seventeenの記事を書いてるファッションライターって、どんな仕事なのか興味津々♪ STでも活躍中の菊池美里さんのお仕事の現場に密着させてもらったよ!

それまでの経験全てが武器に!

「大学時代に夢中になっていたバンド活動を通して、音楽やスケボーなどのストリートカルチャーにハマる。就活中に"好きなことを仕事にしたら楽しいかも"と数社受けた中で、愛読していたストリートファッションカルチャー誌の編プロに就職。人手不足ですべての作業にかかわれたことが、現在の土台に!」

*菊池さんのファッションライターへの道*

■高校(普通科)卒業 

■大学(経済学部)卒業 

■編集プロダクションに入社 「愛読誌の出版社の求人に応募。実際に雑誌を編集していたのは子会社の編プロで、そこに3年勤務」

■アパレルへ転職 「有名アパレル企業で人気ブランドのプレスとして働くことに。やりがいはありましたが、雑誌づくりにかかわりたくて1年で退社」

■雑誌編集部で働く 「男性ファッション誌の編集部で、編集・ライターとして6年。ファッション以外にも、映画や音楽ページを担当し、勉強できました」

■独立してフリーライターへ 

さっそく今の菊池さんのお仕事を見てみよー!

打合せ

「仕事の依頼があったら、担当編集者と内容やどう肉づけするかなどを打ち合わせ。そのイメージを絵コンテに起こすと、ワクワクします」

撮影の立ち合い

「この日までに、カメラマンやスタイリストさんとも打ち合わせをし、イメージを共有したうえで撮影。飲み物やお菓子の買い出しも」

レイアウト回し

「撮影後、写真を選んで実際のページをイメージしながら配置を考えます」

原稿書き

「雑誌のレイアウトがあがったら、いよいよ原稿を書く作業に。身が引き締まります」

校正チェック

「内容はもちろん、商品の値段や表記にまちがいがないかをチェックします」

ファッションライターの仕事っていろんなコトやってるんだね。ファッションが好きなコ、将来の選択肢のひとつにいかが〜?!

構成/上野涼子

Seventeenの最新コンテンツを更新中!