ビューティ
2020.11.15

かなり違う! 小顔に、美肌に、見せたい自分をかなえるマスクの選び方

マスクの色や形によって、顔の印象が変わるってハナシ。見せたい自分をフォローしてくれるマスクを選んで好感度盛り♪

小顔に見せたい! それなら[大きめマスク]

これはテッパン! 大きめのマスクで肌をできるだけ隠すと、小顔に見えるよ♪ 〝大きいマスク=マスクに余裕がある=小顔"って錯覚して見える効果もアリ♡ あご部分がだぶつかないようにしっかりフィットさせてね。

ツヤツヤ透明肌に見せたいなら[水色マスク]

水色が肌の透明感を演出してくれるから、ツヤツヤ美肌に見える♡ 白目もきれいに見えるから、黒目もハッキリくっきり強調される効果もあって、キリッとした印象に。うすめで明るい水色なら、レフ版効果が期待できるかも!

シャツ¥8900/atmos pink flagship Harajuku店 タンク¥980/西海岸ANCHOR原宿店 チョーカー¥300/パリスキッズ原宿店

ネックラインをほっそり見せるなら[子ども用マスク]

子ども用はコンパクトな作りで、横にもあご下にも広がらないのが特徴。そのおかげで顔全体がキュッと上がったように見えるから、首がほっそり長い印象になるよ♡ ただし、小さすぎるのは✕。鼻とあごが隠れるサイズがベスト。

セーラーブラウス¥9800・カーディガン¥6200・スカーフ¥1500(すべてarCONOMi)/CONOMi

たかがマスク、されどマスク。自分にぴったりなマスクを厳選しよ♪

撮影/吉川綾子 スタイリスト/小笠原弘子 ヘア&メイク/中軍裕美子 モデル/岡本莉音(STモデル) 構成/宮平なつき

Seventeenの最新コンテンツを更新中!