ファッション
2016.11.24

冬のすず私服④ 広瀬すず的“ゆるずる”をすっきり仕上げるコツ

相変わらず基本のシルエットは「ゆる、ずる、ダボ♡」という広瀬すずちゃん。ワイドパンツやロングスカートが流行ってる今年こそ挑戦したい”ゆるずる”だけど、やっぱり難易度高めって思うコも多いみたい。と、いうことで! ST的”ゆるずるマスター”すずのテクニックを教えちゃうよ。

コツ① ゆる×ダボな服には、髪をタイトにまとめてみる

「前髪アリのボブだったときは、基本的に髪をおろしてばっかりだったけど、きゅっと小さいおだんごは印象変えにもなって時々やってたよ。イヤリングとかチョーカーとかアクセも目立たせられるのもいい♪」

メンズのMA-1はWEGOで¥6990、花柄トップスはCry.、ベロアパンツはワンアフターアナザー ナイスクラップで¥5900、チョーカーはお世話やで¥1000、フープイヤリングはお世話やで¥1200、ローファーはPUNYUSで¥5990

コツ② 黒小物で上下をきゅっとひきしめる

「ヘアターバンとレースアップシューズを黒で統一。でこ出し&素足見せで、ゆるっとした服でも、重たく見えないでしょ? ニットの首元から、中に着たブラウスのスタンドカラーをちら見せしてるのも、顔周りがすっきりするポイントかも」

ニットはBARAKで¥5900、スカートはCry.、中に着たブラウスはアキラナカ、ターバンはキャセリーニのコントロールフリークで¥2300、レースアップシューズはWEGOで¥2990

「これまた黒のハット&靴。足元は、靴下まで黒でまとめておくと、ごちゃごちゃしないよ。全部黒だと暗くなっちゃうから、リュックだけは白。花柄とかシルバーとかで個性出しつつの、フツウすぎないモノトーンコーデってのが好みっ」

ブラウスとスカートはどちらもCry.、ハットはいただきもの、リュックはWEGOで¥2990、ソックスはチュチュアンナで3足¥1000、ローファーはPUNYUSで¥5990

ゆるずるは、どこかシュッとさせて着るのがコツ♪ 

撮影/中里謙次 スタイリスト/笠原百合 ヘア&メイク/河嶋希(io) モデル/広瀬すず(STモデル)(Seventeen12月号)

Seventeenの最新コンテンツを更新中!